イスラエルとパレスチナ問題を写した、壊された5つのカメラ。

パレスチナ問題をある視点でとらえたドキュメンタリー映画「壊された5つのカメラ」鑑賞。
4男ジブリールの誕生と共にカメラを手にしたビリン村で農業を営むイマード。
ビリンは小さな村なので、ジブリールの成長記録以外に、村で開催される祭りなども記録するようになる。
それが2005年のこと。

ちょうどオスロ合意の後ぐらいだね。
この頃、イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁の建設が始まる。
農耕地の50%以上を奪われた村人たちは、土地を返せと抗議。

武装イスラエル軍を相手に丸腰で抵抗する村人たちの姿をとらえた貴重な映像なのです。
入植により高層ビルが建ち並ぶイスラエルと、のどかな風景のパレスチナ。
この入植地が徐々に広がってるわけで、このままじゃ、自分たちの土地がなくなってしまうと必死に食い止めてるわけですね。

参考:越谷市のカメラ買取でおすすめは?

タイトルの5つのカメラは、イマードが撮影に使ったカメラのこと。
抵抗中に催涙弾が飛んでくることは当たり前で、銃を撃ってることも。
そういう中でカメラが壊れてしまうわけですな。
1度は銃弾がカメラに直撃してた。

イマードは運が良かったが、彼の兄弟が1発の銃弾によって死亡してしまう。
それでも撮影を止めなかったのは、記録して伝えなければという思いだったのかな。

イマードの奥さんは撮影すると逮捕されるから止めてほしいと願うも、イマードのやっていることの大事さも分かっていた。
これは凄いと思った。