クレジットカード使い過ぎの借金返済方法はある?

これは、私がリボ払いで苦しんでいる体験談です。
私は現在、クレジットカードの買い物で膨らんだ借金を返済中です。
支払いに追われ、手取りの給料はほとんど払ってに消えました。

現金が手元にほとんど残らず、公共料金は1か月遅れて支払い。
厳禁が無くて、食品等をクレジットカードを使って買ってしのいでいた為カードの返済額は増えてしまい・・・という自転車操業を繰り返していました。

そして、現金をねん出するために、ついに手を出してしまった禁断のリボ払い。
リボ払いは支払い額が一定になるので、一時的に請求額は減ります。

しかし、私はリボ払いを数回繰り返してしまってあっという間にカードの限度額に達してしまいました。
リボ払いは、利息が高く、借金が一時的に減るために自分の返済額や抱えている借金の実感が減るので、とても危険です。
この記事を読んでくれた方にお伝えしたいです。リボ払いはやめて下さい。

現在、支払いを続けていて、来月から入金額が2万円から1万円に減ります。
これで浮く1万円を貯金に回せるので、少しずつですが立て直しができる見通しが立ってきました。

幸い、日中の仕事の他に副業をしていて(この副収入は1万円)わずかではありますが、これで切り詰めながら生活をして、少しでも多く貯金に回そうと思っています。

参考:借金返済方法 クレジットカード

クレジットカードの借金返済方法は車上生活で貧乏節約生活

私的には、お金を借りるような人生なんて絶対に歩まない。
そうやってどこか、お金を借りている人達に向かって見下していたところもありました。
だけどバチが当たったのか、まさか自分がリボ払いという方法で借金をすることになるとは思いもよりませんでした。

私の場合はクレジットカードのリボ払いでローン借入を増やしてしまったケースですが、それまでは特に何の問題も無い生活をしてきた方だと思います。

学生の頃も何不自由なく暮らして、社会人になってもそれなりの会社で働くことだってできました。
お金に対しての考え方は、働いていれば安定した生活を送ることができるから、働いてさえいれば何も問題は無いと考えていました。

ですがネットで買物をすることが楽しくなり、それで最初は気をつけながら欲しい物を手に入れてたんです。
それが次第に金額を気にしなくなってしまい、しかもクレジットカードでリボ払いするようになってしまいました。
そのときは、リボ払いは助かる方法だなってくらいしか思ってませんでした。

そのうち限度額になり支払いも困難になってきた頃、クレジットカードでキャッシングをして借金返済をすることになりましたけれど、誰に相談できる訳でも無く、住んでいる家さえないホームレスになりました。

いわゆる車上生活をしながら食べるのがやっと、というような底辺の暮らしをしながら支払いをしました。
破産寸前までいき何とか返済をすることができました。

それからは少しの借金さえしないようにしています。
車上生活のホームレスは二度とごめんですからね。

クレジットカードショッピング枠を使った借金返済方法

クレジットカードとは、利用者の信用情報を基にして契約された後払い専用のカードのことです。
その場で現金がなかったとしても、商品を購入したり、品物を契約したりすることができます。
買い物ができるショッピング枠と呼ばれるものに対し、現金の借入を行うことができるキャッシング枠というものがあり、キャッシング枠がある場合、現金としての借入が可能です。

しかし、借金返済が苦しくなってしまってショッピング枠だけあまっているというような場合、ショッピング枠を現金化して返そうとする人がいます。
この方法は、果たしていいのでしょうか。

ショッピング枠では、商品を購入する目的があるので、まずは指定された商品を購入して、それを購入するという名目・方法で現金を渡すという流れになります。
現金化に当たっては、一般の買い物ではできませんので、専門業者を通じて行うことが多いです。

そこで手元に渡った現金を利用して、借金返済に充てようという流れですが、決していいことではなく、むしろ犯罪行為に当たる可能性があります。
ショッピング枠で現金を得ることは詐欺、横領罪に当たる可能性があり、自分のクレジットカードだったとしても逮捕されてしまう恐れも出てくるでしょう。

すでに、現金化専門の業者が警察の摘発を受けていることも考えると、絶対に手を出してはいけません。
ショッピング枠は、あくまで買い物をするためのもので、決して借金返済方法のためのものではないということです。

ほとんどのカード会社が規則として禁止をしています。
場合によってはクレジットカードの会社から一括で借金返済を迫られる場合もありますので注意しましょう。